リーダー育成のための研修には様々なコースがあります

主任クラスのリーダー研修

会社に入社すると平社員からスタートしますが、三~四年経つと主任の肩書が付くところがあります。そうして部下を一人付けられると、これまでの会社における日々の行動に変化が起きてきます。それまでは、会社に来ても上司を見て仕事をしていましたが、突然部下から見られる立場になるのです。このような戸惑いに応えていくのが主任リーダー研修です。リーダーとしての心構えや部下の指導の仕方、会社の方針などの伝え方などを教えるものです。

係長クラスのリーダー研修

主任としての実績を認められると、係長として辞令を受けることになります。係長とは現場監督のような立場になります。会社の大きな業務を期日までに達成する任務を持つことになります。そのために、業務の違う部下を数名あずかり、それらの違う業務を組み合わせて、期日までに達成するのです。係長クラスのリーダー研修は、異なる業務を行うチーム同士のコミュニケーションの重要性です。そのためには、係長としてのリーダーシップの取り方を教えます。

課長クラスのリーダー研修

課長クラスのリーダー研修は、一言でいえば創造力になります。課長職は会社の管理職になりますので、評価は係長クラスとは全く変わるということを研修で教えなければなりません。現場の改善をし、会社のコストを抑えたり、生産性を高めるのは係長の仕事だということです。課長職としてリーダーシップを取れるのは、誰もが考えなかったことを企画提案し、会社に新たな収益を生み出すことにあります。リーダー研修の大切さは、この意識の切り替えを行えるかどうかです。

近年では、社員の教育に力を入れる会社が増え、それに伴い、社員研修に力を入れる会社が増えつつあります。