インターネットを信用するな!自分で情報管理する3つのポイント

パスワードは長くて複雑なものに

インターネット上で会員登録する際、重要になるポイントはパスワードになります。そのパスワードによって情報が流出する可能性があるので、バレないようなものにすることが必須です。なるべく自分に関わりのある数字や単語、短いものは避けるようにしましょう。パスワードを設定する際、設定限度数いっぱいの文字を使い、長いものにすると良いです。また、不規則な文字や数字の並び、つまり複雑なものだと強力です。数字と大文字、小文字、記号を限界数まで組み合わせましょう。

パスワードを同一化してはいけない

面倒だから、忘れる可能性があるから、という理由でパスワードをすべて同じにすることは絶対にしてはいけません。もし仮に一カ所でパスワードがバレてしまった場合、自分が登録しているものすべてがアクセスされることになり、情報を盗まれる、あるいは悪用される可能性があります。それを避けるために、パスワードはすべて違うものに設定しましょう。これによって、仮にバレてしまったとしても、他は守られるので安全対策として良いです。

なるべく登録作業はしない

インターネット上は便利な点から、何でも登録できるようになっています。必要事項とパスワードのみで自分が希望する情報の入手、あるいは会員登録が可能となっています。これを利用し、登録者の情報を盗む、ハッキングする犯罪があるため、なるべくインターネットでの登録作業は避けるようにしましょう。必要最低限の登録にしておき、後は登録しないと決めておくことで避けることができます。全部の登録サイトが詐欺を働いているわけではありませんが、警戒することを忘れないようにしましょう。

シュレッダーとは不要になった書類などを細かく裁断するための機会です。機密情報を機密情報を保持するために使われます。企業を始め、家庭でも使われます。