これぐらいは知っておきたい!ビットコインの今

ビットコインは無政府な通貨

わたしたちが日常で利用している紙幣や硬貨は、国の中央銀行が発行しているものを利用しています。しかしビットコインには、そのような中央銀行は存在しません。コンピューターが「マイニング」という作業を通じて、ゼロから一を生み出すようにして「生産」されています。中央銀行がいないので、通貨の価値をどうこうしようとして、国が供給量を上げたり下げたりといった「操作」が不可能です。つまり政治力の行使によって価値を操作される心配がない通貨ということになります。

ビットコインの価値は不安定

さて、政治の影響を受けにくいビットコインですが、とはいえ新興の仕組みですし、中央銀行の通貨と違って供給量を急に増やしたり減らしたりといった操作ができないわけですから、その価値は乱気流のように急激に変化します。極端な変動は(以前ほど酷くはありませんが)未だに続いており、通貨の価値が一夜にして二分の一になる、なんてことは日常茶飯事です。現実の通貨に例えれば、どこかの国でデフォルトが起こったのと同じような通貨の変動が起こったりもします。

決済手段としてのビットコインはまだまだ

ビットコインは、デジタル通貨なので、利用者の多くは「電子マネーのようにピピっと使えるんだよね」と思うかもしれませんが、それほど甘くありません。実はビットコインの決済は「ブロックチェーン」と呼ばれるネットワーク上の台帳に記載することで実現されています。このブロックチェーンは、全世界で共通のものを使っているので、決済スピードが現実の電子マネーに比べてスピーディーではありません。よって現実のお店が決済手段にビットコインを指定できるかどうかは、まだまだ今後の技術発展にかかっているところがあります。

ビットコインは、インターネット網を利用した電子マネーです。従来の貨幣とは違いひとつの機関に管理されていない為、世界中の誰とでも自由にやり取りできます。