今の時代にあるネットワーク社会の盲点とは

ネットワーク監視の重要性

近年のネット社会に伴って、ネットワーク監視をするようになりました。それは学校の教師である場合もありますし、警察などである場合もあります。今の時代は、ネット社会ですから、若者を始め多くの人がネットを使った誹謗中傷をしています。した事のない人の方が少ないほどです。顔の見えない相手だからこそ簡単に出来てしまう、そんな安易な気持ちが入り混じっている世界です。ですが利便性には富んでいますので、どんどん進化しています。

ネット社会をなくすことができないからこそ

今さらネット社会をなくす事などはできませんから、今のネット社会に対応する為にもネットワークを監視する事が重要だととり、警察までもが動き出しているわけです。何故警察が関与するほどなのかというと、ネットを通じて事件や事故などが多発しているからです。そしてそれが殺人などにも繋がっているケースもありますので、そういう場合の事も考えて日頃から監視をしているわけです。監視をしておさえられることができればそれに越したことはありません。

理想と実際の現状の厳しさ

特に危険なのは若者です。若年層はネットにとても詳しく、またそういう事にかけれる時間が多くある年代ですので、学生世代には学校をあげて監視をしている所もあります。ですが学校の教師などができるのは、警察などに比べて狭い範囲内ですから調べられる部分がとても狭いです。その中でも何かいじめやトラブルなどの元になるようなものが見つけられたらという一心で頑張っているのです。一番はそんな事をしようという気持ちにさせないことが大事ですが、思春期の子に響くことを教えるのはとても難しいのが現状です。

フローは英語で流れるを意味する単語であり、フロー監視とはネットワーク上の情報の流れを監視する事をいいます。